月20万への道(机上の空論行くよ!)

【展望】

この手の妄想をしている時が一番楽しいよね。そうです。今回は(も?)ただただ妄想と言う名の考察を繰り広げるだけです。理屈や現実なぞ吐いて捨てろ。どうせすぐに直面する。これからスタートって時に、自分で自分のメンタル痛めてどうするのか。

少なくとも今、この日記の中でだけは、俺様最強伝説!!!

という事で、フリーランスとして独立・自活する為には月の収入が20万円は最低ラインです。そこを目指すべく考察です。当面はCG集販売をメインとする訳ですが、当然他にも柱になる活動は織り込んでいきます。とは言え、分かりやすくする為、CG集のみと仮定して考察。

【耐久限界】

無収入でどこまで耐えられるか。計算した結果、売上0での限界は12月までです。これは11月の作品で20万円得られないといけません。完全フリーになれるのが9月からなので、3作品目での達成となります。理想的に行ったとしても無理がありますね。

ちなみにとことん資金投入したすると、来年4月まで耐久できます。つまり、3月の作品で20万円達成が必須です。7作品目ですね。これはかなり余裕がある数です。

とは言え現実的に考えると、3~5作品目・・・4作品目がデッドラインでしょうか。正直20万の為の450DLは割と手練れの能力が必要だと思われます。ただ、市場は1つじゃないので。複数の委託サイトを利用するのは思ったより効果的っぽいです。300+150とかって感じで。

前述した別の稼ぎも考慮すれば、250+100とかに落とせるかも。と、考えると無謀な数値が達成可能なラインまで下がって来たような気もします。とはいえ、それでも非現実的ではありますが。が、4作品4ヵ月。これだけの期間やってダメなら、半年1年やっても無理っしょって考えもある。

【作品と利益】

CG数10枚1000円の時代は終わった。ただ、他に目をやって他が50枚600円だからそれに迎合するのは無意味。つまり、独自性が必要となる。ニッチとは言わないが、何かしらのテーマの下に作品を作る必要がある。

その上で一定数の枚数と、ある程度の値段を決める。二次創作を絡めるのも1つ。1ヵ月で1作品という設定でいくなら、枚数は通常CGは20枚が限界かなーと。液タブで速度とクオリティーは段違いにアップしているとはいえ、1日1枚は無理がある。

ただ、そこをクリアーしていかないとダメ。特に序盤は死に物狂いで食らいついていかねば。その限界が20枚かなと。お馴染みの差分も追加。さらに漫画も追加。5P程度で。後はラフを10枚とか。要するに、1日1枚完成させる勢いで、でも通常CG30枚は死に至るので、20枚+αという形にする・・・のが、現在の目標。

値段は1000円で、序盤は20%引き。1000円が800円になると、単純に「期間限定の割引」である点と、「4桁が3桁」になるという点と、「利益率的」にも56%程度を保てる。(1000円のままだと60%) 尚、600円以下になると50%まで落ち込む。まあ、(特に値引いた後は)細かい数値が合ってるか分からないが、この辺りが妥当な数値かなーと。

とは言え、あまりこの考えに固執せずに柔軟に、枚数やら値段やらは調整していかねばなと。漫画だけで攻めてみたりとか。シチュエーション特化とか。

【目標ルート】

虎の子の資金は使うが、切り札と奥の手は使わない。そういう感じで理想と現実の間を行くとして、DL数を8月に100でスタートして、毎月50ずつ増やしていくと・・・3月に20万を達成できる計算になる。8作品目ですね。

100スタートという時点でどうの、毎月+50でどうのとありますが、まあそれはそれ。そうなるように頑張れやって事です。

尚、ひと月ずらすと、奥の手を使わないと厳しくなる・・・まあ、とりあえず7月中は画力向上に努める月にすべきですかね。ピクシブで悪目立ちしない程度には上げないと。一定以上になったら、今度は個性。個性と言うかテーマ・ストーリーと言うか。個人的にはシチュエーションですね。その当たりを攻めて行きたい。後は、話題性のある二次創作。

まあ、何にせよメンタルだわ。メンタルを安定させつつも、生き急ぎましょう。

【更新履歴】

2020年7月4日 作成・公開

コメント

タイトルとURLをコピーしました