否定される事

【現職場にて】

カテゴリーにフリーランス話題を追加しました。思いの外話題が多いようで。しかも「退職」→「保険・年金等」→「実働」とあって、またその第一歩目の段階ですからね。先が思いやられる。が、進む。

で、いわゆる辞意を表明し終わった段階なんですが、まあ何と言うか引き留められた状態です。それも「君がいないと困るんだよ」じゃなく、あくまでも向こうの方が上っていう形での引き留めです。

アホかと。

おっと、失礼。でもね・・・なんつーかね。お前の判断は間違ってるから、すべきではないとか。なんか・・・違うなーと。じゃあ、もし退職せずに時間を浪費していって、本来得られていたであろうチャンスを逃したとしたらどうするのか。今はまだその段階じゃないとか、誰が決めるのか。

何が嫌って、これに限った事じゃないんですが、まず否定から始まるんですよ。お前は違う、ワシが正しい。いや、私が足りてないのは分かりますよ。でもね、なんつーかね。言葉では説明しづらいんですけどね。

まあ、こちらは筋を通すのみです。法律・規約に照らし合わせて、1ヵ月ちょい前には退職の意向を伝えたので、7月末で終了。伸びても8月末。そもそも、退職なんて(上司としての立場じゃないですが)こっちは何度される側だった事か。その度に大変でしたよ。回転率早い職場なんでね。

新入社員なんてほとんどが1年足らずで辞めていきます。1日ってのももちろんいました。まあそれはアレだとしても。育ってきても数年で辞める。他から来た熟練の人でもせいぜい3~4年とか。ビックリしたのが、「辞めさせるなよ」って言ってた自身がその数ヵ月後に辞めてるってね。

まあそんな環境で、(ちゃんと数えた訳じゃないですが)100人ぐらいが辞めていく中頑張った訳ですよ。もういいだろうと。快く送り出せよって思う。ここまでちゃんと話してるんだから。言い方は悪いが、どうせ辞めるんだから。無駄な押し問答をした所で、ただの非効率。

そりゃあ、実際問題「いてもらわないと困る」も「これからの成長に期待して」も「今まで一緒にやってきた仲間」も当然あると思います。向こうにしてもこちらにしてもね。ただ、それじゃあ今の時代ダメ。とどまり続ける事で、結果どうなるか。

そこには「ただ生きているだけ」しかない。仕事しながらでもできるじゃないか。そう思うならそうすればいい。俺は違うってだけの話。単純な金銭的問題だって、いろいろ切り詰めて仮に5万円毎月貯金できたとして、1年で60万。10年で600万。そんなペースで「退職金も無い」職場で、老後はどうするの?

自分だけじゃない。親に大学まで行かせてもらってる。つまり、金を借りてる状態。これを返さねばならない。別に返せなんて一言も言われていないが、恩には義を持って返す。それが恩義。

自分の将来もままならない状態で、そこまでできるのか。仮にフリーランスで成功すれば、年収1000万・2000万だって夢じゃない。ただ、今のままなら年収上がった所でせいぜい300~400万そこら。

地味に今のまま頑張るのがセオリーでしょうが、それは生きているとは言えない。言い方を変えれば「ちゃんと死ぬために生きている」という感じか。「生きる為に生きる」為にフリーランスになるのです。当然失敗の確率の方が高いです。が、選ぶのは自分。

実際会社を辞めたとして、そもそもがこのコロナ。客は少ないし売り上げも無い。首切りにあった人も大勢いるから、就職希望者も大勢いるだろう。何の問題がある?

あまり多くを語ると、この話題はごちゃごちゃになるのでこれくらいにする。もうぐちゃぐちゃですが。

とりあえず、否定なら身内から散々受けてるので、「他人なら応援してくれよ。嫌ならせめて無視しろ。」って言いたい。身内の言う事を振り切ってるんだから、赤の他人の言う事を聞くだろうか。

そりゃ、実際のイラストレーターの先生とかが直に「君では無理だ」って言うなら考えるけど。むしろ応援してくれる人の方が多いと思う。さいとうなおき先生の言葉は勇気になる。免罪符にする訳ではないが、今は進むのみ。

【更新履歴】

2020年6月24日 作成・公開

コメント

タイトルとURLをコピーしました