ザコ戦を考える

【王道のザコ戦+α】

王道RPGを目指すにおいて、ザコ戦は必須となります。ザコ戦でレベルを上げて中ボスに挑む。王道ですね。なのですが、ザコ戦は作業になってしまうという問題があります。ただ、問題なのはザコ戦が作業になってしまう点なのか、ゲーム内で作業をしてしまう事なのかという点。

これを回避する為に全てをイベント戦にしてしまうというのもあるのですが、それはRPGではなくADV(アドベンチャーゲーム)の領域なのではとなってしまいます。

もしくは戦闘システムそのものを戦略的にして、ボタン連打にならないような形としてしまって作業にならないようにというやり方もあります。が、これもRPGではなくSLG(シミュレーションゲーム)の領域なのではとなってしまいます。

これはRPGです。しかも王道。つまり、作業でいいわけです。となると思考停止なので一歩進めると、面白い作業になればいいわけです。

そうですね。派手さですね。解決法は見せ方だと思います。ユーザーインターフェース的にはボタン連打を基本としつつ、どれだけ見た目で面白さを表現できるか。その1つがダメージ量であり、もう1つはキャラクターのアニメーション(躍動感)だと思います。

ボタン連打の辺りを工夫するなら、かなりの簡易的な(感覚的な)操作によって、多少の戦術変更が可能にする・・・といった所でしょうか。この辺りを実現したゲームとしては、女神の涙Trueが挙げられるでしょうか。

ダメージ量は低いのですが、ちびキャラのアニメは凄まじいものがあります。さらに、カード選択は連打だけではちょっと厳しいかもしれませんが、簡易な左右への操作で十分な面白さの表現を達成しています。

勝てねぇ・・・。(何)

という事なんですが、そうです。カードバトルというのが、個人的に王道RPGに必要な要素かなーと思っています。カードバトルと言っても、女神のようなものから遊戯王的なものもあります。個人的にはその中間辺りを目指している感じです。

如何に王道とはいえ、ただのボタン連打では詰まらないというか、面白味が無い。とは言え、まんまカード物ではないのでデュエル的にするのもアレ。という事で、良いとこ取りをすべく試行錯誤な状況です。

【更新履歴】

2020年6月4日 作成・公開

コメント

タイトルとURLをコピーしました