初心者用だけどそこそこいい液タブはどれか?

【板タブから液タブへ】

当方、だいぶ前に板タブを買ったのですが、非常に使い勝手が悪くすぐに使うのを止めてしまいました。多分10回も使ってない。それ、使い勝手以前の問題じゃね?って事なんですが、まあ確かにそうですね!!

という事で、液タブを購入する訳です。板がダメだったので、今回は液という単純な発想。ちなみに前使ってた板タブは発見できませんでした(爆)。見つかってたら我慢したかもな~。

【レビューとかを見るに】

やはり今の時代はブログだけでなく、YouTubeでも情報が細かく提供されているので分かりやすくていいですね。タブレットならワコムだろ・・・というのがハイエンド思考なのですが、そこは何とか抑えねばなりません。そもそも液タブ初心者+金が無い訳なので、自重すべしです。

という事で、焼まゆるさんのCintiq16レビューを見て、これか!って思ったのですが、他のも選択肢に入れてます。まあ、紙のイラストに年季はあっても液タブは初心者ですからね。とはいえ初心者だからこそ、そこそこ良い物でなければ腕を補えません。

という事でワコムなんですが、税込み7万円はやっぱ高い。ワコムで7万円は逆に安いんでしょうが、7万円ですからね。クリップスタジオ込みだと8万円ぐらいになる。給付金の10万円がガッツリ無くなりますわ・・・。

【性能と価格】

性能はフルHD、ペンはせっかくなので筆圧感知8192辺りは欲しいですね。アンチグレア辺りは特に何でもいいかな~。プロペン2は欲しい気がしますが。

機能的にボタンが付いてないってのが気になります。以前誰かの液タブ動画で、(この方はマウスだったかテンキーみたいなのか何かで)すごいカタカタやりながら、ペンを走らせていたのが印象に残っています。つまり、4WD的な操作。これが重要なんじゃなかろうかと。

実際問題、画像の拡大縮小・回転・左右反転・アンドゥ辺りはパパっとできないと、作業速度に恐ろしく差が出そうな気がしています。いや、キーボード操作でもできるんでしょうけど。いや、パネル内にあるのかな。となるとお絵かきソフト次第か。

【結局どれを選ぶのか】

GAOMONとかXP-Penとかも見ているんですが、やっぱりCintiqかな~。ワコムなら問題無いだろ!で買っスIntuosが全然合わなかったので、アレなんですけど。まあ、それは単純に努力不足とか相性の問題なので・・・。ちなみに板タブがIntuosで、液タブがCintiqなん・・・ですよね。時代が経過して、あのIntuosももう無くなったのか~とか思ってました。

とりあえず、現在はCintiqを購入する感じです。給付金待ちという感じです。ちなみに県からはまだ何の音沙汰も無い状態です。いや、給付は確実でしょうが振り込み口座の届け出とか、そういうの何も無しに見切り発車するのは怖いので。

【GAOMON PD1161という選択】

2万円ちょいという価格+まゆるさんのレビュー動画、さらにゲーム用のイラストという点を加味するとなると、この選択肢もありなんじゃなかろうかという事で、追記です。資金不足もあるので、クリスタ含めても約3万円ぐらいならばこっちの方がありなんじゃ・・・と。あんまりサイズが大きいと机に乗り切らないし。

ゲーム用というのが一番の観点かな~と。イラスト用の液タブとなると、やはりワコムとなるんですが、今はまだゲームがメインなので。とはいえ、別にちゃんとしたイラストが描けない訳じゃないですし。それを言うならワコムのだって、15.6インチですからね。20インチ以上のだってある訳で。フルHDより4Kだーとか。

という事で、今はワコムよりガオモンかなーと。

【と思ったけど、国を確認】

GAOMONって中国だったんですね。あちゃー・・・。いや、中国ってだけで判断しちゃダメでしょうが、せざるをえない事ばっかしてる国ですからね。後は、ペン先の沈み込み。動画を見るにワコムでもやっぱり沈み込みはあるようなのですが、中国製よりはマシでしょう。多分、もっとも描き心地に直結する部分かと。次点で視差。

となると、ワコムかXP-Penか・・・。うーむ。金が許すならワコム一択なんですけどねー。とりあえずまた決まったら追記するかも。

【XP-PEN Artist 13.3 Proという選択】

いろいろ見てきた結果、XP-PENかな~。日本→アメリカな企業?でもまあ、性能ですよ。ペンの沈み込みが一番の懸念だったのですが、これはワコムよりいい感じなのかもしれません。逆にあまりに固過ぎると描き味が~という意見もあったのですが、普通のシャーペンは沈み込まないので、その方がいいと思うわけです。

で、まゆるさんの動画で注目したいのが、視差ですね。ほぼ無いように見えます。これはかなりポイント高いのでは。ペン先を置いた所に色が付くのは、実に感覚的。液タブデビューとしては移行のハードルが下がります。後は、Cintiqだとショートカットのボタンが無いんですが、Artistにはあります。さらに、ホイールも付いている。拡大縮小に使えるっぽいので、これもいいですね。

ちなみにガオモンから変更という事で、1サイズ小さい方をチェックしていたのですが、色域とか諸々の性能を見て、こっちに決めました。値段はちょい高くなりますが、万単位の買い物としてはちょうど良い塩梅かなーと。クリップスタジオも買えば、5万円ぐらいになるでしょうか。給付金の半分程度であれば、まあほどほどかな・・・と。最悪、給付金が無くてもギリギリアウトかセーフかって値段。

という事で、アマゾンで買おうかと・・・って、到着が5月末あたりになる!?・・・遅い。アメリカだからでしょうか。にしても、今日は7日なのに、20日以上もかかるのか。最短で1週間っぽいですが・・・。っていうか、コロナの影響?ともあれ、決まったならさっさと注文せねばなりませんね。

【注文しました】

「XP-PEN Artist 13.3 Pro」と「CLIP STUDIO PAINT PRO」を注文しました。合計で4万円ちょいです。高い・・・が、投資です。ちなみに液タブは6月2日ぐらいになるっぽいです。海外製だからでしょうか、結構長い待ち時間ですね・・・。休業期間中に届かないのは痛いですが、まあ仕方ない。

液タブが届いたら、また感想でも書いてみようかと。それまでに練習もせねばなりません。イラストが見れるものになれば、いろいろと強みになりますからねー。実際問題、ゲーム制作ブログのアイコンを見ても、ちゃんとしたイラストなりグラフィックなりを描いている人は2割ぐらいしかいませんからね。

ツイッターやYouTubeするにしても、イラストがもたらす恩恵ってのはかなり大きいと思われます。っつーか、自分の武器ってせいぜいイラストぐらいなので、そこを伸ばして売りにしないとなー。このブログのアイキャッチを作るのにも役に立つし。ゲームのスクショを貼るにしてもイラストやグラフィックを描いてないと、似たり寄ったりですからねー。

【参考動画】

焼まゆるさんの動画・・・焼まゆるのお絵かきちゃんねる

【更新履歴】

2020年5月5日 作成
2020年5月6日 公開
2020年5月7日 追記(GAOMON&XP-PENについて)
2020年5月8日 追記(注文しました)

コメント

タイトルとURLをコピーしました